染色

作詞:川埜優太 作曲:鳴いたカラス

 

答え若く
すがる事さえもなく
過去を背負い
白い世界に立つ

染まって
思想なども隠せずに
息を孤独にする人よ
空の木製の箱だけど
大事にしまおう

先人は言葉を
1つ残してくれた

思いひと欠片
終わらない道を
深く深く落ちてく
安息の地に辿る

染まって
思想なども隠せずに
息を孤独にする人よ
空の木製の箱だけど
大事にしまおう

 

 

 

※曲解説

世の中には色々な性格(色)を持った人がいるという唄です。

サビ部分の思想は宗教の意味あいもあります。

自分が何にも染まっていないと思っていてもなんらかの影響を受けているものです。

結果自分がどういう人間なのかよくわからなくなり混乱してしまいます。

そういう時は昔の人や年寄りのアドバイスなんかが意外と大切だったりします。